2008年04月25日

天満小児科医院オススメの絵本 1月

毎月オススメの絵本紹介、
1月はこんな絵本たちでした。

『いいおかお』(文:さえぐさ ひろこ - アリス館 -)
リス、ロバ、ウサギ、イヌ みんな笑っていいおかお。
どれもかわいくて、いとおしくて写真のページを開くたびにほっと力が抜けて ママも癒されます〜。

『十二支のかぞえうた』(さいとう しのぶ - 佼成出版社 -)
“かごめかごめ”のメロディで子どもと一緒に歌えます♪
12の月にちなんだ 食べ物がいっぱぁ〜い出てきます。もうどれもおいしそうで、見ているだけでお腹がぐぅ〜〜。

『十二支のはじまり』(絵:荒井良二 文:やまうち かずひろ - おひさまのほん -)
児童文学界のノーベル賞と称されるアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞した荒井良二先生の絵による民話です。これを読めば、ネコさんがなぜ十二支に入っていないかわかりますよ。


天満小児科医院
 院長
posted by 天満Dr at 08:14| 京都 ☀ | TrackBack(0) | おすすめ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

天満小児科医院オススメの絵本

「子どもたちに良いものに触れてほしい」

自分が見て、触って、読んで、聞いて、良いな〜と思ったものを
診療所内に置いています。

その一つが絵本です。

毎月オススメの絵本を紹介しています。

12月はこんな絵本たちでした。

『おんぶにだっこ』(作:わかやま けん - 童心社 -)
にわとりさん やぎさん さるさん かんがるーさん かめさん こあらさん あかちゃんはみんなだっこしてもらうの大好きね!

『クリスマスおめでとう』(作:ひぐち みちこ - こぐま社 -)
イエスさまのおたんじょうの喜びをかわいい切り絵で表現してあります。手作り感いっぱいのあたたかな絵本です。

『チャレンジミッケ! 4 サンタクロース』(作:ウォルター ウィック 訳:糸井 重里 - 小学館 -)
えほんときみとでかくれんぼ。さぁ もういいかい?みつけたら、「ミッケ!」といってね。

各月でオススメの絵本を置いています。
詳しくはホームページに↓
「こだわりのモノたち」

天満小児科医院 院長
posted by 天満Dr at 08:42| 京都 | TrackBack(0) | おすすめ絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

花粉症

ついに杉花粉が飛び始めましたね。
この時期が一年で一番鬱陶しい。
例年より飛散が少ないので、軽く済んでいます。それと自分の診療所に行くと楽になるんです。
おそらく無垢板と珪藻土のおかげで乾燥しにくいこと、空気清浄機で花粉が除去されているからでしょうか。

私は薬の内服が嫌いなので、点鼻・点眼薬を使っていますが、漢方は使ってみたいと思っています。
自分の体で試してみて、いい処方が見つかれば、食事に反映させることで、なんとか日常生活において克服したい、そう考えています。
実際難しいとは思いますけどね。

子どもの花粉症もいずれ漢方で治療してみたいものです。

入浴法も、花粉症に役立つ入り方があるのではないでしょうか。
どなたか経験のある方、教えてください。

♪レッド・ガーランド・トリオ♪

大好きなコーヒー店(あえて喫茶店とは言いません)のマスターとしゃべっていて、かける音楽に困ったらレッド・ガーランドをかけると教わりました。
早速診療所のBGMで試したところ、最高!でした。
GroovyのC Jam Bluesで仕事を始めると、本当に気持ちいい。
一人でゆっくり聴きたくなるのと、BGMにぴったりのものは全く別でした。
マスターに感謝。

天満小児科医院 院長
posted by 天満Dr at 09:27| 京都 ☁ | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

健康をテーマに

健康をテーマのブログを書くことにいたしました。

小児科医の立場から、子どもの健康が中心ですが、
日々の診療で感じること、食事や運動、住環境、お酒など・・・
関係しそうなことは何でも書くつもりです。

最初にお断りしたいのは、すべて極めて主観的であり、
ほとんど私の独断であることです。

ただ皆さんが自分自身で健康について考え、新たな発見をするきっかけになればいいなぁと思っています。

さて、
2日ほど前、診療中に嬉しい出来事がありました。

私の診療所の床が無垢板で、床暖房している事が気になっていたと、
子どものお母さんがおっしゃるのです。

素足がとても気持ちいいそうです。てっきりホームページをご覧になってのことと思ったら、見ていないそうです。
何でも自宅の改装にとりいれたいとのこと。
本当に嬉しくなりました。

「知識を前提ではなく、感性で良さを分かってもらえる」
これが私の診療所を始めた一番の理由ですから。

今はあれこれ情報は豊富ですが、やはり感覚に勝るものはないですね。
健康は、何よりも住環境から。
その選択肢の一つとして、無垢板と床暖房、珪藻土の壁をお勧めします。
まだ経験されていないが興味のある方は、是非一度診療所へお越しください。

実は、もう一つブログを開設しています。
こちらには、小児科開院までのことや好きな音楽などを綴っております。
こちらも覗いてみてください。
天満小児科 院長ブログ

天満小児科医院 院長
posted by 天満Dr at 18:27| Comment(14) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。